立川らく朝

立川らく朝

たてかわ・らくちょう

落語家、医学博士(医師免許を持つ)、笑いと健康学会理事、日本ペンクラブ会員

【​生年月日】

【​出身地】

1954年1月26日

長野県

【来歴】

1979年 杏林大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部内科学教室へ入局。

主として脂質異常症の臨床と研究に従事。

2000年 46才にして立川志らくに入門、プロの落語家として活動を開始。

2004年 落語立川流家元・立川談志に認められ二つ目昇進、2015年真打に昇進。

【略歴】

健康教育と落語をミックスした「ヘルシートーク」「健康落語」「落語&一人芝居」という新ジャンルを開拓。

また「健康情報を、笑いを交えて提供する」というコンセプトで

全国的に講演を展開し、特に「食」「生活習慣病」「認知症予防」をテーマにした講演は好評を得ている。

【活動実績】

【ラジオ】

「大人のラヂオ」NIKKEI第一(毎月第3金曜日)


【著書】  

「ドクターらく朝の健康噺」「笑いの診察室ーらく朝健康噺ー」(春陽堂書店)

「落語で不調を改善!笑って自律神経を整える」(エイ出版社編集部)

「笑えば治る 立川らく朝の健康ひとり語り」(毎日新聞社)

ほか