星野泰三

ほしの・たいぞう

がん専門医

【​生年月日】

【​出身地】

【来歴】

1988年 東京医科大学 卒業。 東京医科大大学院で腫瘍免疫を研究。

1994年 「がん化学療法による骨髄抑制の克服」で医学博士号を取得。 その後、米国国立衛生研究所(NIH)血液内科でフェローシップを受け、 がん遺伝子治療の研究、再生不良性貧血の原因解明に関する研究、 さらに先天性再生不良性貧血の原因究明につき米国血液学会ワークショップに従事。

1996年 帰国後、QOLを重視した腫瘍免疫を臨床的に探求する。

2002年 細胞治療を専門とするプルミエールクリニックならびに中央研究所を設立。同クリニック院長就任。

2010年 画期的な免疫療法の開発を目指した未来研究所を設立。

2015年 2つの研究所をAstron Instituteとして統合し、特定細胞培養加工物製造事業者として厚生局より認定を受ける。

【略歴】

メンタルトレーナー、統合医療ビレッジグループ理事長/プルミエールクリニック院長

【活動実績】

【テレビ】

テレビ朝日系「林修の今でしょ!講座」

TBS系「ジョブチューン」

BSフジ「華大の知りたい!サタデー」

テレビ東京系「主治医が見つかる診療所」など多数


【著書】

「医者が実践した 成功する脳のつくりかた」(青月社)

「がんのプレシジョン免疫学」(東邦出版)

「病気にならない免疫力を身につける食事法 楽LIFE ヘルスシリーズ」(笠倉出版社)

「新生ペプチドと ビックリする がん免疫新薬の力」(青月社) など多数

お問い合わせフォーム

TEL.054-251-3302(受付時間 10:00〜18:00 土日祝日を除く)

© 2020 静岡朝日テレビ