ヤンヨンヒ

やん・よんひ

映画監督

【​生年月日】

【​出身地】

1964年11月11日

大阪府大阪市

【来歴】

朝鮮大学 卒業

【略歴】

在日朝鮮人2世で、幼いときから民族教育を受けて育った。済州島出身の父は、大阪の朝鮮総連幹部だった。大学を卒業後、教師、劇団女優を経てラジオパーソナリティーに。NYニュースクール大学大学院コミュニケーション学部メディア研究科修士号取得。学習院大学非常勤講師、テクノスカレッジ客員教授をつとめる。2005年の、自身の家族を描いたドキュメンタリー映画『ディア・ピョンヤン』で、ベルリン国際映画祭・最優秀アジア映画賞、サンダンス映画祭審査員特別賞など受賞。2013年2月「第85回アカデミー賞」授賞式では外国語映画賞の日本代表に選ばれた。

【活動実績】

【主な講演テーマ】
「映画で学ぶ在日の歴史」
「ホット一息、映画鑑賞で休暇のススメ」
「“かぞく”の事」


【監督作品】

2005年 ディア・ピョンヤン

2011年 愛しきソナ

2012年かぞくのくに 

お問い合わせフォーム

TEL.054-251-3302(受付時間 10:00〜18:00 土日祝日を除く)

© 2020 静岡朝日テレビ