阿波野秀幸

あわの・ひでゆき

プロ野球コーチ

【​生年月日】

【​出身地】

1964年7月28日

神奈川県 横浜市

【来歴】

亜細亜大学 卒業


1987年 最多奪三振、新人王

1989年 シーズン最多勝利、最多奪三振、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得

通算成績305試合登板 75勝68敗5セーブ 完投70 奪三振985 通算防御率3.71

【略歴】

MAX 149キロの直球と伝家の宝刀シンカーを武器に、プロ入団1年目からエースとして活躍した栄光の左腕。大学野球で活躍し、近鉄バファローズ、読売巨人軍、大洋ホエールズからドラフト1位指名を受ける。伝説となった1988年「10.19ダブルヘッダー」での連投、翌1989年の最多奪三振と最多勝利、悲願のリーグ優勝など球史に鮮烈な記憶を残すとともに、「トレンディーエース」と呼ばれて人気を博した。後にドラフトで競合した3球団に所属し、その全てで優勝を経験した。36歳で現役引退後は、巨人、横浜のコーチを歴任。一時、ユニフォームを脱ぎ、野球解説者として活動したが、2012年から再び巨人軍投手コーチを務め、2019年からは中日ドラゴンズの投手コーチを務めている。

【活動実績】

【テレビ】

テレビ東京系「neo sports」「MLBハイライト」

フジテレビONE「プロ野球ニュース」など

お問い合わせフォーム

TEL.054-251-3302(受付時間 10:00〜18:00 土日祝日を除く)

© 2020 静岡朝日テレビ