今村翔吾

いまむら・しょうご

時代小説家・ダンスインストラクター・作曲家

【​生年月日】

【​出身地】

1984年6月18日

京都府

【来歴】

【略歴】

守山市での埋蔵文化財調査員を経て、専業作家に。今川氏真の生き様を鮮烈に描いた、短編「蹴れ、彦五郎」で第十九回伊豆文学賞の小説・随筆・紀行文部門最優秀賞を受賞。豊臣秀吉の小田原征伐を北条氏規の視点から描いた短編「狐の城」で第二十三回九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞を受賞。本シリーズ第1作「火喰鳥」でデビュー。同作は、啓文堂書店時代小説文庫大賞を受賞するなど人気を博し、一躍時代小説界の最前線に。2018年、「童神」で第十回角川春樹小説賞を受賞。

【活動実績】

【著書】

「花唄の頃へ くらまし屋稼業」(角川春樹事務所)

「戦国の教科書」(講談社) 

「双風神 羽州ぼろ鳶組」(祥伝社) 

「八本目の槍」(新潮社) ほか

お問い合わせフォーム

TEL.054-251-3302(受付時間 10:00〜18:00 土日祝日を除く)

© 2020 静岡朝日テレビ