鴻上尚史

こうかみ・しょうじ

作家・演出家

【​生年月日】

【​出身地】

1958年8月2日

愛媛県新居浜市

【来歴】

早稲田大学法学部 卒業

【略歴】

1958年愛媛県出身。早稲田大学法学部出身。 

1981年に劇団「第三舞台」を結成。以降、作・演出を手掛ける。 

「朝日のような夕日をつれて」(87)で紀伊國屋演劇賞、「天使は瞳を閉じて」(92)でゴールデンアロー賞、「スナフキンの手紙」(94)で岸田國士戯曲賞を受賞する。

2001年の「ファントム・ペイン」で劇団「第三舞台」は10年間活動を封印し、2011年に第三舞台封印解除&解散公演『深呼吸する惑星』を行う。

現在は「KOKAMI@network」と、2008 年に若手俳優を集めて旗揚げした「虚構の劇団」での作・演出を中心としている。

2010年には虚構の劇団旗揚げ三部作戯曲集「グローブ・ジャングル」で第61回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞。

海外公演としては、2007年に「TRANCE」(ロンドン・ブッシュシアター)、2011年に、「Halcyon Days」(ロンドン・リバーサイドスタジオ)があり、いずれもイギリス人キャストへの演出を行っている。 

また、1997年に演劇ワークショップのリサーチのための渡英を経て、帰国後「からだ」と「声」に関する著作「発声と身体のレッスン」(白水社)、「あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント」(講談社)「表現力のレッスン」(講談社)や、教則DVD「鴻上尚史の『声』のレッスン」等を発表するほか、一般参加を募ったオープンワークショップの開催を続けている。 

舞台公演の他にも、映画監督、小説家、エッセイスト、ラジオ・パーソナリティ、脚本家、などとしても幅広く活動。 桐朋学園芸術短期大学教授。

【活動実績】

【テレビ】

NHK BS1、BShi 「COOL JAPAN 発掘!かっこいいニッポン」レギュラーMC

Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達」

BS朝日「熱中世代 大人のランキング」

TBS系「ニュースキャスター情報7days 」「グッとラック!」

フジテレビ系「バイキング」「ネプリーグ」「ペケポン」 「爆笑レッドカーペット」

テレビ朝日系「タモリ倶楽部」「中居正広のニュースな会」 ほか多数

【著書】

「同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか」(講談社現代新書)

「鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋」(朝日新聞出版)

「「空気」を読んでも従わない~生き苦しさからラクになる~」岩波書店(岩波ジュニア文庫)

「ドンキホーテのピアス」シリーズ(扶桑社)
「ロンドン・デイズ」(小学館)

「不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか」(講談社現代新書)

「演技と演出のレッスン~魅力的な俳優になるために~」(白水社)
「青空に飛ぶ」(講談社)

「幸福のレッスン」(大和書房) ほか多数

お問い合わせフォーム

TEL.054-251-3302(受付時間 10:00〜18:00 土日祝日を除く)

© 2020 静岡朝日テレビ