松森亮

松森亮

まつもり・あきら

元サッカーU-20日本代表

【​生年月日】

【​出身地】

1977年11月19日

千葉県

【来歴】

市立船橋高 卒業

【略歴】

市立船橋高で、1994年度の全国高校選手権優勝に貢献。1996年にはジュビロ磐田に入団し、同年のアジアユース選手権にU-19日本代表として出場した。だが、磐田での公式戦出場はなく、1997年シーズン後に戦力外通告を受けて現役を引退した。その後、ビジネス専門学校で学び、システム会社勤務を経て、サッカービジネス会社を設立。ライターやモデルの活動も兼ねていたが、2002年に古巣の磐田にスタッフとして戻り、広報、運営に携わった。2015年シーズン終了後に退社。2016年以降は、アパレルブランド SOPH. プレス、十文字高のスタッフとして全日本女子高校サッカー選手権大会初優勝に貢献するなど、マルチに活動している。2020年からは東京都内にて低酸素ジムの運営やパーソナルサッカートレーニングも行い、女子サッカークラブ〝静岡SSUアスレジーナ〟コミットメントアドバイザーに就任し活動している。

【活動実績】

【著書】

「サッカーのある生活」(シンコーミュージック)

「サッカーのある言葉」(ぴあ)

「サッカーのある場所」 (ぴあ)

「新サッカーのある生活」(2020年6月自主出版)