山田太郎

やまだ・たろう

演歌歌手・芸能プロダクション社長・馬主

【​生年月日】

【​出身地】

1948年8月24日

東京都

【来歴】

1963年 クラウンレコード1期生として「清らかな青春」でデビュー

1965年「新聞少年」が大ヒットし、勤労少年のアイドルとなる。「第16回NHK紅白歌合戦」に同曲で初出場(その後、3回連続出場)

 同年には、NHK大河ドラマ「源義経」にも出演

1969年 テレビ映画「彦左と一心太助」で主演、好評で長寿番組となる

1982年 フジテレビ系「オレたちひょうきん族」でテーマソング「好きさブラックデビル」を美樹克彦とデュエット

1985年「新栄プロダクション」の2代目社長に就任。経営に勤しみながら、TBS系歌番組「街かどテレビ」の審査員も務める

1990年 親交の深かった横綱千代の富士の1000勝を記念した楽曲「恩義を作曲・歌唱

2002年 新栄プロダクション会長で父親西川幸男氏の喜寿を祝う会で、執筆した 書籍「修羅のとき 青春のとき」(集英社刊)を発表。 シングル「以心伝心」をリリース

2003年「大黒柱」をリリース。NHK連続テレビ小説「こころ」に出演

2010年 故村田英雄氏のカバー曲「花と竜」「男の土俵」をリリース

2018年 デビュー55周年記念曲「やっと咲いたよなぁ」をリリース

【略歴】

代表曲は新聞少年


【在職】

株式会社新栄プロダクション 代表取締役社長

新栄音楽出版株式会社 代表取締役

一般社団法人中山馬主協会 会長

日本馬主協会連合会 会長代行 副会長理事

【活動実績】

お問い合わせフォーム

TEL.054-251-3302(受付時間 10:00〜18:00 土日祝日を除く)

© 2020 静岡朝日テレビ