瀬古利彦

瀬古利彦

せこ・としひこ

日本陸上競技連盟強化委員会マラソン強化・戦略プロジェクトリーダー
DeNAアスレテックスエリートアドバイザー

【​生年月日】

【​出身地】

1956年7月15日

三重県

【来歴】

早稲田大学教育学部卒

【略歴】

名実ともに日本のマラソンブームを牽引してきた第一走者で、戦績は15戦10勝。オリンピック日本代表には、日本のボイコットで出場できなかったモスクワを含め、ロサンゼルス、ソウルと計3度選出された。引退後は指導者の道に進み、3人のオリンピック選手を輩出するなど後進を育成。現在は、メディア出演や講演などで活動の場を広げ、スポーツの魅力を発信している。

【活動実績】

◆主な講演テーマ

「心で走る」

・マラソン・グランド・チャンピオンシップ(MGC)について

・2020東京五輪マラソンについて

・恩師中村清監督との二人三脚、3回のオリンピックを振り返って

・箱根駅伝に関して


◆活動実績

【テレビ】

日本テレビ「箱根駅伝」解説

TBS「サンデーモーニング」

テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」ゲスト

NHK「ファミリーヒストリー」

NHK BSー1「ランスマ倶楽部」

NHK Eテレ「SWITCHインタビュー達人達 横尾忠則×瀬古利彦」


【ラジオ】

TBS「ナイツのちゃきちゃき大放送」

文化放送「くにまるジャパン」


【書籍】

「マラソンの真髄」(ベースボールマガジン社)

「瀬古利彦のすべてのマラソンランナーに伝えたいこと」(KADOKAWA/中経の文庫)